木だて家では、無垢フローリングを標準で使用しています。種類を大きく分けると針葉樹と広葉樹の2種類になります。

フローリング材でよく使用するのが針葉樹ですと杉や桧(ひのき)、ヒバ

広葉樹だとナラやカバといった樹種になります。

 

針葉樹の特徴としては(杉、桧、ヒバ等々)

・空気層が多いため、調湿効果が優れている

・やわらかい材質なので肌触りが快適だが、傷はつきやすい

・木の香りがとても味わい深い

・コストが抑えられる

 

広葉樹の特徴としては(ナラ、カバ等々)

・針葉樹に比べて空気層が少ないため、調湿効果は少ない

・かたい材質なので肌触りは冬だと特にヒヤッとするが、傷はつきにくい

・木の香りは少ない

・コストがかかる

 

このように針葉樹と広葉樹は対照的な特徴をもっているのです。ひとつに無垢のフローリングといっても樹種によってさまざまな特徴があり、また色味や木目も違うので空間の仕上がりも変わってきます。

「木の香りを感じながら暮らしたい」「明るい空間にしたい」「落ち着いた空間にしたい」「傷がつきにくい素材がいい」等々ご依頼に応じて対応させていただいてますので「こだわりのフローリング」をお聞かせいただければなと思います。

 

IMG_2231

桧のフローリングは明るく、香りがとても良いです。

 

IMG_2258

ナラのフローリングは落ち着いた雰囲気で、傷がつきにくいです。