そもそも昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅が対象ではありますが…

 

福井県の補助制度として「木造住宅耐震化促進事業」というものがあります。

 

「耐震診断」「補強プラン」は、この補助事業により、6,170円のご負担で出来ます(各市町によって異なることがあります)

 

で、

 

①この「耐震診断」の結果が評点1.0未満で「耐震改修工事」を行う場合、最大で110万円の補助金が活用できます。

 

②さらに建築後50年を経過している、または終戦前(1945年以前)に建てられた木造住宅で、伝統的民家の意匠を基調としたものに関しては、最大で180万円

 

①の場合、耐震改修工事費の23%以内が80万円以上になること…

 

なので最大の補助金をもらおうとすると、3,478,261円以上の耐震改修の工事が対象

 

②の場合は、耐震改修工事費の23%以内が110万円以上なので…

 

4,782,609円以上の工事

 

最大限補助金を活用しようとすると、上記金額の工事となります。

 

改修工事後の評点は1.0以上にならなければなりません。(ただし困難な場合0.7までも可)

 

 

このように耐震改修リフォームに使える補助金もあります!

 

先日の「省エネ住宅ポイント」のように、駆け込みで無くなることはないと思いますが、必ずあるのは期限。

 

ほとんどの場合、年度で予算が区切られますので、やっぱり…

 

「ご計画はお早目に!」

 

 

とその前に、この補助金の場合の大前提「耐震診断」「補強プラン」を!

 

この診断計算や補強プラン作成だけでも、ラク~に1ヶ月(過去の経験上)かかりますので…(-_-;)