木だて家ブログ

2019年6月の記事一覧

12

ようこそ!木だて家へ~6月号~

~ふくい家づくりEXPO2019 イベント情報~

 

開催日時:6/29.30(土.日)10:00~17:00

会  場:福井産業会館2号館

入  場:無料 ※木のおもちゃ博は、有料

ふくい家づくりEXPO_01

 

ふくい家づくりEXPOと同時開催の「木のおもちゃ博」では、木とふれあい、安心安全な“遊び”の場を求める子育て世代がたくさんご来場されました。

3uKHUV_g.jpeg

 

 

6pksUAEw.jpeg

 

7D9vAYUQ.jpeg

 

今年もふくい家づくりEXPO出展します!

親子で楽しんでもらえるworkshopをはじめ、暮らし、住宅、建築をもっと気軽に感じてもらいたいと考えております。

木のおもちゃ博_01

お隣の「木のおもちゃ博」から気軽に入場してもらい、是非木だて家ブースまで遊びにきてください。

梅雨の季節に♪

~梅雨の季節に♪~

 

梅雨シーズンに入りました!毎日家の中のジメジメと戦っているハヤシです。

湿気の高い今の季節・・・じめーっとした部屋。それだけで憂鬱な気分になってしまうのは私だけでは

ないですよね。

 最近の家は、新築の場合はシックハウス対策として換気回数が1時間当たり0.5回以上の換気設備を必ず設置することとされています。

よくお聞きになるかもしれませんが「24時間換気」とよばれるものです・

 それと一緒に大切にしたいのが、自然の風です!東西・南北・上下の風の流れをつくる窓の配置と、

それをうまく生かす間取りがポイントになってきます。機械の力だけでなく、自然の力を最大限に利用した暮らしが出来ること。

木だて家の目指す家づくりの1つの目標です。

そしてもう一つ。湿気対策にとても力を発揮してくれるものが、自然素材とよばれるものたち。

湿気の多い時には空気中の水分を吸い、逆に乾燥してくると放出するという

大変優秀な働きをしてくれます!木だて家の家で、比較的湿気の多い部屋(脱衣室とかサンルームとか)

の天井・壁によく杉板をしようしているのはそういう理由からです。

 


_DSC3890

はやしのおはなし~6月号~

エコハウスの遮音性についてのおはなし

 

末娘がこの春中学校に入学し、フレッシュマンの初々しさに毎日和んでしまうハヤシです(^O^)

 入学後部活動も決まり、姉たちと同様に吹奏楽部に所属。楽器はトランペットになり、「今日は○○の音が出たの~!」と喜ぶ姿に、忘れちゃいかんものを思い出したような気がする母であります笑

 ただ、ひとつ問題なのは…家で練習するときの騒音問題。計測してみると…

☆目の前で聞いた場合→110デシベル程度(=極めてうるさい。車のクラクション(間近)と同程度)

☆自宅(築20年程度、窓閉めた状態)の外で聞いた場合→70デシベル程度(=うるさい。セミの鳴き声(間近)と同程度)

 窓を閉めていても、外部にもれる音には注意が必要ですね…

 

 

mono34746546-100305-02

それでは、トリプルガラスのサッシと遮音性の地震のあるecoボードと、気密性にこだわった木だて家エコハウスでは??

結果→50~55デシベル!!

(=聴覚的に普通レベル。普通の声で3m以内での会話が成り立つ程度)

想像以上の結果にビックリ!( ゚Д゚)

改めて、エコハウスの遮音性を確信できました♪

木だて家?!そういち家(や)~6月号~

~福井市木田の家~

 

福井市木田の家が上棟してから2か月弱経ちました。

年齢を重ねるごとに月日が経つスピードが速く感じます。。。

 

木田の家の外部仕様は

屋根はガルバリウム鋼板

外壁はシルバーのガルバリウム鋼板と塗装した桧の羽目板の2種類を使用します。

和モダンでとても雰囲気の良い感じですね。

築8年になる当社のモデルハウスを非常に気に入ってくださり、

木だて家を選んでいただきました。

8月上旬にはお引き渡しとなりますが、

最後まで精一杯努めさせていただきます。

 

1面 パース スタジオ (2)

 

 

久保は僕、僕は久保の「木」になる現場~6月号~

~N様邸農作業小屋新築工事~

 

越前町宇須尾町の山沿いに建立する神社の隣に位置するN様邸の農作業小屋建設に着工しました。

N様邸は自然の山と畑と田んぼに囲まれた地域で、自給自足生活を基本生計として日々楽しく過ごしていらっしゃいます。初春には、田植え・畑の野菜作りに、5月には宮崎村特産の竹の子堀りで忙しい日々を送っていらっしゃいます。

自然の恵みは人間だけではなく、イノシシやサル達も大好物です。さらに近年のサルは小屋の入り口を開けて冷蔵庫内の野菜果物類を食べに来るのがN様最大の悩みでした。

老朽化した農作業小屋を建て替えて、活用するための新種のお米や野菜つくり研究所棟の完成を楽しみにして下さい。

 

 

たけのこ 米

12