木だて家ブログ

2019年11月の記事一覧

12

いのちの授業 11/27(水)

命の誕生を見てきた助産師が伝えるメッセージ

 

 

~産まれてこれたあなたは、とっても素晴らしい力をもっていること。
みんなは、まわりの人から愛されて大きくなったこと~

を、小さなお子さんでもわかるように助産師さんをお招きして、心に残る「命の授業」を行います。

 

 

命の授業

 

「自分のいのちを大切にしよう」
「自分と同じようにまわりの人のいのちも大切にしよう」

と思ってもらえる授業です。

 [このような方におススメです]

  • 家族の絆を深めたい方
  • 子どもとの関わり方に悩んでいるお母さん
  • 出産を控えている妊婦さん

H018

  • 日時:11/27(水)
  • 時間:18時~20時
  • 場所:木だて家モデルハウス
  • 参加費:500円/組(2人目以降+100円)

※ご家族でお気軽にお越しください。

++++++++++++++++++++++++++++

●LINE@からのお申込みはこちらから⤵

http://line.naver.jp/ti/p/%40pec1130h

(24時間受付)

●メールでの申し込みはこちらから⤵

https://www.kidateya.jp/contact/

(24時間受付)

●お電話でも申し込みはこちら⤵

木だて家 TEL:0778-42-1311

(AM9:00~PM18:00まで受付)

++++++++++++++++++++++++++++

久保は僕、僕は久保の「木」になる現場~11月号~

~坂井市春江町の家~

坂井市春江町の住宅地に建設するH様邸の地盤改良工事と基礎工事が進んでいます。

H様邸の土地は砂地でとても肥えていて雑草の成長が良く畑の野菜作りに良いところです。

地盤調査の結果に伴い深さ2.0mの表層改良による地盤補強の上に、コンクリートベタ基礎工事に取り掛かりました。

H様邸は東西に延びた配置計画で南面が広く明るい住宅で、和室1間に広いLDKとオーダーメイドのオリジナルキッチンを配し、2階につながる吹き抜け空間とストリップ階段が開放的な空間を作り出しています。

シューズクローク・パントリー・ファミリークローゼット・洗濯室・納戸などの家庭に必要なスペースを効率よく設けているので生活が楽しくなる高性能住宅になっています。

 

IMG_20190921_102525_preview.jpeg

9月21日にH様邸の地鎮祭を執り行いました。

IMG_20190921_101950_preview.jpeg

どこの山だ?!木だて家の山田!~11月号~

 10月20日(日)は、木だて家感謝祭でした。たくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

来年は木だて家100周年!感謝祭も5回目ということで、さらにパワーアップするはずですので、どうぞお気軽に遊びにいらしてくださいね!感謝祭前日は、福井市内にて地鎮祭が執り行われ、地元氏神様へのご挨拶と工事の安全をお施主様と共にお祈りしました。

滞りなく終わって会社に戻り、さあ感謝祭の準備!と思ったところにひどい雨…翌日は大丈夫なのか?と心配しましたが、感謝祭当日は素晴らしいお天気に恵まれ、少し暑いぐらいでしたね。

 アツいといえばラグビー日本代表。ラグビーの試合を見て思うのは「アツい中にも冷静な判断力」。

相撲並みのぶつかり合い、陸上競技並みの全力疾走、ラインアウトやスクラムやパス出しのサインプレーなど、あんなに体力と頭を使うスポーツは無いでしょう。

我々建築の仕事もたくさんの工種や職人さん…もちろんお施主様も一つになってはじめて建物が完成します。木だて家の住まいづくりも「ONE TEAM」で、これからも頑張っていきましょう。

 

感謝祭

 

 

感謝祭2

 

 

3感謝祭

内田社長のコラム~11月号~

~心耕す~

製材大好き・その弐

私達の住む福井県の山林に育つ木は約80%が杉の木です。その杉の木は全国でも有数の大径(だいけい)木(ぼく)(大きな木)の産地です。

樹齢80年~100年近く育林され伐採されています。

苗木(なえぎ)が植林され長い間厳しい暑さ・風雪に耐え成長します。

長寿社会を迎えている私たち人間の寿命と同じくらいに・・・。

何故!?大径木の杉の産地となったのか?はわかりませんが、たぶん昔の家(住まい)は三世代同じ家に住み続け、四世代目に初代が植えた木で家を建て直したという仮説が当てはまる様です。製材写真

そんな山林環境に恵まれて、大きな杉丸太の製材が叶いました。

直径40㎝以上の原木からあらゆる種類の材料を挽きます。

柱・桁・梁・板・タルキ・鴨居等その木の特徴を読み取り、製材品がつくられていくのです。

人の性格が一人一人違うように、木も一本一本違うのです。

見立て以上の製材品が丸太からとれた時は、本当に嬉しく感動します(*´ω`*)その反対もありますが(ノД`)・゜・。

製材を習い始めて40数年、昔から~80の手習い~と言われますが、まだまだこれからも、手習いやなぁ~と感じる私です。

山で立派に育った尊い木をしあわせの家に使わさせて頂く仕事を誇りに思い、そして毎日にらめっこできることに感謝!感謝です!

 

 

12