木だて家ブログ

2020年12月の記事一覧

123

I様邸(越前市)

1-35

 

1-22

 

1-27

 

1-28

 

1-19

 

1-16

 

1-32

 

1-38

 

1-50

 

1-46

 

1-41

 

1-40

 

面積表

1階:63.76㎡(19.28坪)

2階:28.98㎡(8.76坪)

延床:92.74㎡(28.05坪)

敷地:230.86㎡(69.83坪)

福井市 照手の家 足場解体

先日、福井市照手の家の足場解体をしました。

ひとつ屋根の切妻屋根でホワイト色のそとん壁(塗り壁)が映える素敵な感じに仕上がりました。大きい交差点沿いに建つ照手のシンボルになりそうです。

 

塗り壁というとほかの外壁材に比べてコストがかかりますが、全面ではなくメインとなる外壁面にはそとん壁、あまり目立たない面にはガルバリウムを張ることでコスト調整が可能になります。

またこちらのお家は来春の3/下旬頃には完成内覧会も予定しておりますので、完成が待ち遠しいです。


IMG_2137

 

IMG_2133

コンセプトハウス リビング吹抜 FIXガラス

先週に降った雪も武生の方はすっかりとなくなり、ひとまず大雪にならず一安心ですね。

そんな冬工事真っ只中ではありますが、コンセプトハウスの工事は順調に進んでおります。

先日コンセプトハウスの大きな見せ場でもある、リビング吹抜のFIXガラスが現場に納まりました。FIXガラスとは開閉が出来ない固定の窓のことです。主な目的としては採光を取り入れることや、外の景色を利用したり空間を広くみせる抜け感といった効果などがあります。また、ガラスのみで四方にフレームがないため通常の窓に比べるとガラス面が大きくてスッキリしたデザインになります。

 

また今後の状況も定期的に投稿させていただきますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

 

IMG_2111

 

IMG_2110

越前市 瓜生の家 竣工写真撮影

先日、越前市瓜生の家で竣工写真の撮影をしました。雪が降りしきる一日でしたが撮影しているときは日差しが出て、外観の写真も撮ることが出来ました。雪景色の外観写真はあまり撮ることが出来ないので、どんな感じに仕上って来るのか楽しみです。

またカメラマンさんからの写真データが届き次第、施工事例にも投稿しますが先行して私がスマホで撮った写真を挙げさせていただきます。

 

IMG_2064

 

IMG_2062

木の切り旬

食べ物には旬があるように実は木にも「切り旬」があるのです。木の伐採の切り旬は秋~春にかけてといわれています。春~夏にかけて木は成長し葉をつけるため、水分や養分を多く含んでおります。そして秋~冬にかけて冬眠に入る時期が一番材木として良質な状態になります。なのでこの時期に毎年社長は丸太を爆買いして、来春建築予定に使用する材木に備えます。

その爆買いした丸太が先週会社の土場に運ばれてきました。

 

IMG_2044

 

IMG_2042

123