木だて家日記

木だて家の日常話を配信。
木だて家ブログ

床下修繕

こんにちは、ヒロユキです。

築50年床下修繕のご依頼がありました。

「和室の床がフワフワする」との事です。

畳を捲り、床下の構造材(断面)を調べてみると

 

ひろゆき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お解りでしょうか?

写真の様に、構造材の断面が人間の骨でいう“骨粗しょう症”の様な状態でスポンジ状態になっていました。

原因はシロアリです!

 

ひろゆき2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、シロアリの嫌う檜の床下構造材を張り、一件落着です。

補足ですが、シロアリは檜の匂いを嫌うそうです。

床下喚起も十分に確保しましょう!

現場実況中継 越前市「しばはらのいえ」

新築10月完成予定

【大工工事】

大工さんの下地が順調に進んでおります。

IMG_4234

 

天井は部分的に杉の板を張り、フローリングは西南カバ桜と桧の2種類を使います。

 

IMG_4373

現場実況中継 越前市「みょうほうじのいえ」

新築8月完成予定

【内部造作】

内部造作中です。

写真は断熱材を壁、天井に入れ終え、石膏ボードを大工さんが貼っているところです。

 

LDKの空間

 

7月は内装の仕上げ工事が進んでおります。

壁天井には和紙クロスを貼りますが、部分的にはタイルを貼ったり、塗り壁をする予定です。

また、アイランドキッチンはステンレスカウンターの造作キッチンになります。その他キッチン収納や洗面台、シューズクローク、建具関係が造作です。

 そとん壁の仕上がり

 

外観はアイボリー系のそとん壁に仕上がりました。落ち着いた雰囲気が感じられます。

青空によく映える外観ですね。

7月いっぱいで内装工事はあらかた完了する予定なので完成が楽しみです。

家づくり相談会 7/10(土)開催

家づくり相談会

 日 時:2021年7月10日(土)

 時 間:①10:00~12:00/②14:00~16:00(予約制)

 会 場:弊社モデルハウス 越前市粟田部町32-15-1

 参加費:無料

 定 員:各回1組

参加される方の「気になること」にお答えする個別スタイルです。例えば、

「ネットでみた情報についてもっと詳しく知りたい」

「今この土地で検討しているけれど、問題ありますか?」

「家づくりを考えはじめたばかりだけど、どんな選択肢があるのか教えてほしい」

など、家づくりの質問にお答えします。

ご予約時にぜひ、「気になること」を教えてください。

家づくりの質問、たくさんお待ちしています!

●コロナ対策にご協力をお願いします●

 ・マスク着用

 ・ご来場時の体温測定

 ・手指の消毒

 ・適切な距離を保つ

 

家づくり相談会_01

 

 

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++

●LINE@からのお申込みはこちらから⤵

http://line.naver.jp/ti/p/%40pec1130h

(24時間受付)

●メールでの申し込みはこちらから⤵

https://www.kidateya.jp/contact/

(24時間受付)

●お電話でも申し込みはこちら⤵

木だて家 TEL:0778-42-1311

(AM9:00~PM18:00まで受付)

+++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

ウッドショックについてのお知らせ

ウッドショックの影響に伴い、今後、木材や建材の価格が上がったり、入手しづらい状況になる場合がございます。弊社は材木店・製材所があり、今回ウッドショックも年明けに察知して今春2〜3月時に今年と来年分の原木丸太・土台や柱等の住まいの主要材をショック前に仕入れ・在庫買いしました。

 

S__28409949

 

S__28409948

 

S__28409946

 

 

弊社土場はご覧の通り丸太で一杯なので、この二倍の買付丸太は原木市場にございます。又、土台・柱等は仕入先の木材問屋に在庫保管しております。

 

しかしながら先が読めないため、家づくりを進める上で工事スケジュールや価格の調整が必要になった際は、その都度お客様にご相談させて頂くこともあるかと思います。

何卒、ご理解を頂けますと幸いに存じます。

 

 

▼ 「ウッドショック」とは

住宅の柱や梁(はり)などに使う木材の需要が高まることで価格が高騰したり、木材が手に入りにくくなる状況のこと。

新型コロナウイルスの影響により、リモートワークや在宅ワークが普及し、主に米国や中国を中心として世界的に住宅(木材)の需要が増加したことが背景にあります。

今まで外材に頼っていた大手ハウスメーカーや住宅会社等が、使用する材を国産材に切り替えたことにより、国産材の高騰や品薄状態といった影響が出ています。