木だて家日記

木だて家の日常話を配信。
木だて家ブログ
...23456...102030...

現場見学会ツアー(新築・リノベーション)開催します!

現場・構造見学会ツアーを6月末日まで開催

 

 

木だて家ってどんな家を作っているの・・・?

建築中のお宅の見学会をお施主様のご厚意で開催します。

完成してからは見ることができない内部を大公開!

施工を丁寧に行っているからこそ、整理整頓された綺麗な現場もみどころです。

また構造だけでなく日々進む工事をご見学いただけます。

ぜひこの機会にご覧ください。

 

各回1組様限定としてご案内させていただきたいと思います。

 

 

 

現場見学会(新築・リフォーム) チラシ_01

 

 

~新築~

【開催期間】6月末日まで

【会  場】越前市2会場 詳細はお問合せの際にお知らせします。

【時  間】①10:00~12:00

      ②14:00~16:00

【お問合せ】TEL 0778-42-1311

      LINE https://lin.ee/z5nhcsj

 

 

現場見学会(新築・リフォーム) チラシ_02

 

 

 

~リノベーション~

開催期間】6月末日まで

【会  場】越前市/永平寺町 詳細はお問合せの際にお知らせします。

【時  間】①10:00~12:00

      ②14:00~16:00

【お問合せ】TEL 0778-42-1311

      LINE https://lin.ee/z5nhcsj

 

 

 

※常駐はしておりませんので、前日までに「現場見学会の予約をしたいのですが…」とお気軽にお問合せください。

 

 

木だて家Style W展示場内覧会(予約制)6/7(月)~26(土)

モデルハウスインスタ広告

 

モデルハウスインスタ広告2

 

最近は天気のいい日も多く、過ごしやすい気候ですね。ちょっと外で散歩するのも気持ちがよさそうです。

さて、そんな過ごしやすい6月により多くの方にモデルハウスを見ていただきたいと思い、夜間も営業させていただきます。

もちろん日中もご案内可能です。各回1組限定としてご案内をさせていただきたいと思います。

 

【開催期間】 6/7(月)~26(土)

 

【会場】 弊社、敷地内にて2棟併設しております。詳細はお問い合わせの際にお知らせします。

 

【時間】 午前 10:00~12:00

     午後 14:00~16:00

     夜間 18:00~20:00

 

【お問合せ】 TEL  0778-42-1311

      LINE https://lin.ee/z5nhcsJ

※常駐はしておりませんので、前日までに「内覧会の予約をしたいのですが・・・」とお気軽にお問合せ下さい。

無垢材の床はひんやりしないため一日中裸足で過ごせる

こんにちは。木だて家の木下です。

福井県の梅雨入りはまだ発表されていませんが、最近は初夏のような陽気になってきましたね♪

6月になると湿度があがって、息苦しくなるくらいジトジトしている日が多くなってきます”(-“”-)”

 

さて、4月から新居で生活をスタートした木下から、無垢材の床の良さをお伝えしようと思います。

約2ケ月ぐらい過ごしてみての感想は、「床がとてもあたたかい」ということです。

今の季節は裸足で歩くとサラサラしていてとても気持ちいいです。

息子(1)も裸足で思いっきり元気に歩いています。

 

新居の前はアパートで暮らしていましたが、冬は床がひんやりしていて、夏はべたべたしていて不快でした。

洗濯物は、除湿乾燥機をフルで使ってました。日当たりもよくなく、一日たっても乾かないこともあったので、洗濯物がストレスでしたね。

 

ですが、そんなストレスを新居では改善できました!

今、除湿乾燥機を一切使っていません。洗濯物も夜寝る前に干して、朝には乾いていることもあります。それにはびっくりしました!

それだと、空気が乾燥しているのか?と思っちゃいますが、リビングにおいている湿度計は常に50%前後。

湿度が高くても、室内干しの洗濯物は生乾き臭がせず、とても気持ちよく乾きます。

木をふんだんにつかった家なので調湿してくれてるお陰なんだと思います。

 

我が家はヒノキのフローリングを採用しました。ヒノキは香りがとても良く。サラサラとひんやりしない感触がとても気に入っています。

床をすべて無垢材のヒノキにしているので、脱衣所もひんやりとした寒さを感じません。これも生活してみてびっくりしました!

ですが無垢材にもデメリットはあります。それは「傷がつきやすい」ということです。

それを「味」としてとらえる。「経年変化」を楽しむというように私は考えています。

とらえ方はひとそれぞれですが、デメリットをとっても、無垢材のフローリングにしてよかったと感じました。

また、物を落として凹んでしまっても、濡らしたタオルを一晩おいておくと、繊維を壊していなけでば、元どおりになります。

 

 我が家はリビングには大きな窓があって、普通なら窓際が寒くなるけど、サッシの性能もいいのか寒くかんじません。

自然素材や断熱って目にみえないけど、そういうところがすごく大事だな。と子育て環境に向いていると感じました。

息子もこれから、のびのびを育てくれることだと思うし、とても楽しみです♪

 

※無垢材のフローリングはヒノキ以外にも、スギ、ナラ、ヒバ等、種類がありますので気になる方はお気軽にお問合せください。

 

001_210311AX

お風呂の冷めたお湯を効率よく温める方法!

みなさん、お風呂のお湯が冷めた時なんの機能で暖めてますか?

 

・追い炊き?

・ふろ自動のまま?

 

何が一番コスパいいのだろ?とずっと疑問だったので

三菱のエコキュートを修理している人に聞いてみました。

 

結論から言うと

 

高温さし湯

 

がGOOD!

 

初めて聞いた機能だったので、

さらにつっこんで話を聞きました。

 

高温さし湯とは、湯はり時に設定した温度・湯量を約2℃上げるために必要な量の熱いお湯が入ります。

つまり、エコキュートにある高温のままのお湯を継ぎ足す機能です。

S__28213264

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浴槽の設定温度+2℃になると勝手にとまります。

途中で「あつく」ボタンを押せば停止します。

 

じゃあ、「追い炊き」だとダメなの?

 

追い炊きとは・・・お風呂の水を循環させているので、

水は増えずに同じ水が湯船に戻ってくる

ぬるくなったお湯がエコキュートにいきます。

そしてエコキュートの中でエコキュートに溜まってる高温のお湯の熱をぬるくなったお湯に移して熱くしてお風呂に戻します。

 

1B7D2D94-CFBF-498C-8516-0BC0E78D1E57

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、浴槽のお湯が低ければ低いほどエコキュートのお湯を大量に使わないとあたたまらない為

せっかくエコキュートでつくったお湯の電気代が勿体ない×

 

ふろ自動」も同じで、10分おきにこまめに追い炊きをする機能なので

効率でいえば良くない方に入ります。

 

高温さし湯は効率的ということは、説明書にも書いてあります。

私は、基本説明書読まずに使っていきながら覚えていく派なので

読んですらいませんでした(笑)

 

~まとめ~

高温さし湯

電気代:小 水道代:小

(水道代は少し使う。使うお湯の量は少なくて済む

大量のお湯に足す場合は少し捨てる必要がある)

 

ふろ自動

電気代:中

(こまめに温度を上げている為

追い炊きよりは熱を上げる水の量が少なくて済む)

 

追い炊き

電気代:大

(低い温度から上げる事になるので

エコキュートの作ったお湯を大量に使うことになる

水道代はかからないが電気代がもったいない)

 

 

高温さし湯>ふろ自動>追い炊き

 

の順に効率が良いです。

 

ですが、一番効率がいいのは

お風呂を入れてすぐに家族みんなが入り終えること!!

 

ですが、ご家庭のライフスタイルによると思うので

どの方法がやり易いのかしっくりくるのか

一度高温さし湯モードを試してみて

自分のベストなやり方を模索してみてください♪

 

※型番によって操作方法は異なるかもしれないので

同じやり方じゃない方は説明書を読んでみてくださいね。

 

 

 

 

越前市「しばはらのいえ」上棟

先週末、越前市芝原にて上棟を無事に終えました。

こちらのお住まいは約60坪の敷地に1階22.54坪、2階11.02坪、合計33.56坪の大きさになります。一見するとコンパクトな大きさではありますが、LDKとつながる和室を合わせると25畳の広いのびやかな空間になり、ゆったりと過ごせそうです。

また木だて家の特徴として屋根の出はなるべく深くするように心がけています。なぜかというと家を長持ちさせたり、暮らしやすい住まいになるからです。

外壁や窓を雨風から防ぎ、夏の高い暑い日差しを遮り、冬の低いあたたい日差しを住まいの中に取り込む。その他にも様々なメリットが生まれてきます。もちろん福井の積雪に耐えられる適した材料の大きさにすることで積雪対策もばっちりです。

福井は日本の中でも降水量が多く、積雪がある地域なので屋根は住まいづくりにおいてよく検討するところです。

 

IMG_3728

 

IMG_3749

 

IMG_3739

...23456...102030...